我が家の野菜を無駄にしないための買い物方法

我が家は、私と夫と2歳の子供の3人暮らしです。
毎日晩御飯は作るのですが、朝昼は夫は仕事でいないし、私も子供も実家にいることが多いので、野菜の買いだめなどをすると傷むことがあるので、あまりせずにちょこちょこ買い物に行くことにしています!
はじめは買いだめが節約になると思っていましたが、いざやってみると、痛んで捨ててしまったり腐らせてしまったりで無駄になってしまうからやめました。
買い物によく行くようになってから、その日特売の野菜や、見切り品などを2?3日使うぶんだけ買うことで色々な料理が作れるし、無駄にならなくなったし、我が家にはこちらの方が合っていました。
大根やキャベツなどは、半分で買ったりすると割高なので、1つ買い、同じ材料でも飽きないようにアレンジをして料理してます。
パートをしてるので、毎日の献立を考えるのは本当に大変ですが、夫や子供は美味しいと、出した料理は全部食べてくれるので作りがいがあります。http://www.waddellforsenate.com/musee-hige/

出来上がり育った素地で違うお茶漬けの味覚について

この間、夫と児童とお茶漬けを食べたときのストーリーだ。わたしのわが家は、お茶漬けといったら、なんの型式のお茶漬けだろうと、お茶をかけて召し上がるのがお茶漬けだと思っていました。外食で、とことんお厳しいホテルなんかで現れるお茶漬けはカウント打ち切るとして、家で摂る茶漬けは、梅だろうが鯛だろうが鮭だろうがなんでもお茶をかけます。それが、普通のことだとおもって生きてきました。しかし、夫と結婚してお茶漬けにお湯を掛ける人様がいることを知りました。お茶漬けの素には概してお茶のフレーバーがついているのだから、そっちいじょう濃くする必要がないという論理らしいのですが、ようやく見たときはインパクトでした。これが、育ってきた世界の開きかと思いました。物語はもどしますが、あんな食べ方の違う両者と児童でお茶漬けを食べた状況、児童はお湯のお茶漬けのお客様を選んで食べました。どうしても自力取り残された心地になりました。だからといって、お湯茶漬けにかえるつもりはないですが、でも児童はだいたいこのままお湯をかけて取るんだろうなと思います。こんな茶漬けについて申し上げることのできる一年中で身は心から幸せです。