病状への取扱と安心について訓練

人脈の難点について実習しました。無視できない難点が多量始める人脈社会に、私たちはどうして対処していけばよいのでしょうか。答えは大きく分けて2つあります。一つは不正な径路や不幸を防いだりする作動や、不幸の生起から速やかに復旧する結果などの作動を前もってユニットに持ち込む、といったシステムで対処することです。もう一つは、複雑な人脈世間へ顧客ひとつひとつが規則正しい知識とテクノロジーおよび良心をもって参加することです。つまり個人で対処して行く理解だ。私たちはこれらの2つの手法を上手に組み合わせて見識化社会で活用して行く必要があります。ユニットの不幸は社会にスゴイ影響を及ぼす結果、ユニットを構築するときに大丈夫(安全性)を上げるように設計する必要があります。とにかくWEBのような大勢の顧客と複雑につながった人脈の大丈夫を確保するには、人脈を構成している個々のユニットが大丈夫を上げる必要があります。知らないことを実習できて良かったです。ミュゼ ハイジニーナ

またまた叔父が手術が必要になってしまって心配です

私の叔父がまた病気が酷くなってしまって手術をする事になったので凄く心配しています。叔父はつい数ヶ月前にも大きな手術をしたばっかりなのに、また更に手術が必要との事でいつになったら元気になってくれるんだろうと心配しています。まだ年齢的にも60代なのに、もう見た目は80位のおじいちゃんのように弱ってしまって、凄く何もしてあげられないのが悔しいです。昔のように元気でお散歩をしたりしている姿を見る事も出来ないのかなと思うと、何だか悲しくなります。

病気になってしまうと良くなってくれたらそれはそれで本当に良いのですが、悪くなってしまうと本当に辛いですね。叔父は良くなって来たと思っているといつも直ぐに様態が急変してしまっている事が多いので凄く心配です。今度の手術もこの数年で何度目かなと言った感じで、手術が終わる度に様態も悪化しているので、今度は本当に何とか少しでも体の調子が良くなって欲しいと思っています。心配をする事しか出来ないけれど、早く叔父には元気になってもらいたいです。