東京オリンピックは日本オリンピックになりつつある気が

ここ最近は東京オリンピックの実施場所の見直しのニュースで盛り上がっていますよね。
国にせよ地方にせよもちろん税金を使っているわけですから、極力ムダはなくして欲しい。
本当に小池百合子知事にはバリバリ頑張ってもらいたいところ。

ただ、だんだんその見直しによって東京オリンピックというかだんだん地域が広がってきているのは気になるところ。
ボートは宮城でやるとか、横浜アリーナも使うとか。
そもそも見直しの前から一部の競技は東京都以外でやるのは決まってはいたのですが、せっかく都市名を冠しているのだから極力はそこでやったほうがいいと思うのですけどね。
極論を言ったら埼玉オリンピックとして招致して大阪会場でやるとかも可能になっちゃうかもしれませんし。
(さすがにそれはないだろうけど・笑)

そんなこんなでぶつぶつは言っていますが、東京オリンピックは一度は会場に足を運んでみようと思います。
テレビではあまり放映されないマイナーな競技見てみたいですね。
馬術とかトライアスロンとか。
チケット代あんまり高くないといいなあ。

日本のウエザーのやり方について実習をしていました

天候の企業について勉強しました。低気圧が現れないで高圧帯が増えると青天が続きます。梅雨は、春から夏場へ変わるときの長雨の機会のことです。北太平洋高気圧(小笠原高気圧で温かく湿って掛かる)とオホーツク海高気圧(冷たく湿って要る)の間に梅雨前線が横たわります。前線の北側では刺々しい北寄りの風が吹き、200〜300kmが降雨限度だ。南側は、優しい南寄りの風が吹く。大都市では、1歳を通して界隈部より優しいだ。舗装による地表の乾き、冷暖房などの人工的な情念の解決がそのおもな原因です。エア汚染物も溜まり易く、光化学スモッグも生じます。梅雨前線が北上または南下して薄れると梅雨が明け、我が国周辺は北太平洋高気圧に大きくおおわれ天候が望ましく、暑い日光が続きます。等圧線の流れが広がった部分の根元がくびれて、クジラの尾に似ると猛暑機種だ。おもに夏場の天候について勉強してきましたが、後で次々温度が上がっていくと思うとおっかないと思いました。ミュゼ 背中